ゴルフ場のシャワールームやお風呂について

ゴルフコースへ出れば、大体1日かけてゴルフを楽しむのが一般的です。1日中ゴルフを楽しむと汗をかきますので、良い汗をかいた後はシャワーやお風呂に入りたいですよね。

 

そこでゴルフ場には、シャワールームやお風呂の施設が完備されているのかという点について書いてみます。

 

日本のゴルフ場には、ほとんどシャワールームが完備されています。大きなゴルフ場になると大浴場やサウナまでありますので、ホテルや旅館と同じくらい充実しています。

そして利用料はゴルフコース料金に含まれていますので別料金が発生することはありません。また、基本的にはボディーソープやシャンプーリンス類やカミソリ、シェービングジェル、ドライヤーと必要な物は用意されているので安心です。女性用には、ヘアキャップや化粧水などもあるそうです。

 

ゴルフは外でするスポーツなので、急に天候が悪くなり雨が降ったりすることもあると思いますが、このようにシャワールームやお風呂が完備されているのでゴルフに集中して楽しむ事ができます。

よく検索されるゴルフ場

 

丘陵コース。自然林の間にある平坦な湿地帯や草原を利用して造成されており、自然の中に溶け込んだ年輪を感じさせるコース。距離は比較的短いが、随所にクリークやグラスバンカー、そしてG・プレーヤー思い入れのソッドレイヤースタイルのバンカーが配置されており戦略性を高めている。反面、難度は高いのだが、レベルに応じた攻めをすれば、全てのゴルファーが十分に楽しめるコースでもある。


 

 圏央道の延伸で都心から東京湾アクアラインで約1時間。市原・鶴舞ICより僅か7分の好アクセス。 数々のトーナメントが開催された歴史あるコースが便利になりました。 広大な丘陵地にレイアウトされた景観の美しいコースがお出迎えします。ゆとりの27ホールとグリーンコンディションに恵まれたホールが初心者から上級者まで、それぞれのプレーヤー目線でお楽しみいただけます。


 

帝王ジャック・ニクラウスが設計し、10年もの歳月をかけて造られたコースは、ニクラウス自ら『私が知り得る日本のゴルフ場の中では最高だ』と評した、戦略性と造形美が高次元で調和した世界レベルのフィールドです。 最大高低差4mとフラットな地形に名物のブッシュや池、バンカーが巧みに配され、マネジメントと14本すべてのクラブが必要な高い戦略性をもつ18ホールは、過去には男子プロトーナメントのアコムインターナショナルの会場としても知られるチャンピンコースです。 すべてのティグランドからグリーンが見通せるフェアな設計と、5つのティポジションでアスリートからシニア、女性まで、何度でも挑戦したくなる楽しみが待っています。 乗用カートのフェアウェイ乗り入れを通年実施しており、快適なラウンドをお楽しみいただけます。(コンディションにより乗り入れを見合わせることがございます。)


お探しの施設が見つからない場合下記検索をお使いください

ページトップへ